BackTrunk
ホームヘルプ
使い方戻る
    LitteStationery

見失ったカーソルを呼び戻してみせます!

画面が広くなるのはすばらしいが、その分カーソルを見失う。
マルチモニタに対応した、カーソル呼び戻しソフトです。(ワープ機能付き)

こんな時にどうぞ

モニターを新しくしたら解像度が上がって何もかもが小さくなった。
だからといってWindow標準の表示全体を大きくするのはちょっともったいない。
せめてカーソルだけでも手元に来てくれれば。。。
マルチモニタでデュアルな僕は瞬間移動が好き
いつも必ずクリックする場所があり、瞬間移動してほしいがそんなことって。。。。
「ALT+Tab」でアプリを切り替えて、「ALTを離さずそのままA」で即作業開始!
アクティブウィンドウのど真中へ移動してくれるのでちょっと手放せない感じ
カーソルのワープはいいけど宇宙酔いするんです。
普通に使っていてワープした瞬間酔いそうになる。
そんな時はワープできない辺を作ると安心です。

機能

カーソルを見失ったら呼び戻す
  1. そうです。探すのではなく呼び戻します。
  2. 呼び戻すときのキーは、ALT+Z(Z は変更できます)
  3. 呼び戻す場所(カーソルホーム)はスタートメニュー(好きな場所に変えられます)
  4. なんと!アクティブウィンドウへの呼出しもできるようになりました。
画面の端から端へワープする
  1. マウスを移動させなくても画面の端から端へワープします。
  2. ドラッグ中はワープしないように設定を変更できます。
  3. ワープが不要になったらば、ワープはいつでも停止できます。
  4. ワープ不要の「辺」も設定できます。

動作環境

OS: Windows XP Vista 7
.Net Framework 2.0 (標準でインストール済み)

入手方法

リトルステーショナリーのサイトよりダウンロードできます。

使い方

使い方のページでは、使用方法を説明しています。

ヘルプ

ヘルプのページでは、ヒントやTipsを確認できます。


改訂履歴

2009/12/26 Ver 1.0.1.1 バグフィックス
  1. WindowsXPでアクティブウィンドウへ移動する際にウィンドウタイトルが32文字を越えた場合に異常終了する問題を修正
  2. タスクバー移動後に設定画面を開けるとスタートメニューの位置が変わったことを知らせるメッセージが表示されるが、意味不明だった為わかりやすいメッセージへ変更しました。
2009/12/25 Ver 1.0.1.0 機能追加
  1. ワープ機能でワープ不要の「辺」を設定できるようにしました。
  2. ワープ機能でALTキーを押してワープゾーンに突入すると
    「ワープしない」機能を追加しました。
  3. ワープ機能でワープの反応速度(感度)を設定できる機能を追加しました。
  4. ALT + A でカーソルを「アクティブウィンドウ」へ移動する機能を追加しました。
  5. 2重起動防止処置を施しました。
  6. モバイル対策として設定ファイルをカレントに置くと
    優先して読書きするように変更しました。
  7. 解像度変更があった場合に再計算を行うよう修正しました。
  8. カーソルホーム移動機能の入切りを行えるように修正しました。
  9. 通知領域のアイコンで作動状況を確認できるよう変更しました。
    マウスを重ねると設定されたキー名が表示されます。(ど忘れ対策)
2009/12/13 Ver 1.0.0.1 バグフィックス 機能追加
  1. WindowsXP で端末を終了する際に CurNavi が起動していると
    シャットダウンが開始されない問題を修正
  2. 不要なリソースが含まれていたため、削除し軽量化しました。
  3. 通知領域のアイコンをダブルクリックするとワープの切り替え
    を行うように修正(アイコンの色も変更される)
2009/11/24 Ver 1.0.0.0 初版

一番上まで戻る


http://littlestationery.jp