BackTrunk
ホームヘルプ
使い方戻る
    LitteStationery

1.手に入れる6.ワープの使用をやめる
2.解凍し、起動する(インストール不要)7.通知領域のアイコン表示について
3.カーソルを呼び出してみる8.終了する
4.画面の端でワープしてみる6.削除(アンインストール不要)する
5.設定する


1.手に入れる

CurNavi(カーナビ)

リトルステーショナリー
のサイトよりダウンロードする。


2.解凍し、起動する(インストール不要)

ダウンロードした「CurNavi_1010.zip」を好きな場所に解凍してください。
解凍すると、「CurNavi.exe」ファイルが出来上がります。
解凍

インストールは不要です
解凍場所はどこでも構いません。


3.カーソルを呼び出してみる

カーソル呼び出し

ALT + Z でマウスカーソルを呼び出します。
呼び出し場所(カーソルホーム)を変更する
ALT + A でアクティブウィンドウへ呼出します。
各機能は設定で入り切りできます。

4.画面の端でワープしてみる

画面の端で逆側の辺にワープ
マルチモニタ環境でもワープします。

一番上まで戻る


5.設定する

タスクバーの通知領域にあるCurNaviアイコンを右クリックしメニューから「設定」を選択します。
設定を開く

設定画面が開きます
設定画面1

自動起動

ワープ機能

ALT押下中はワープしない
ドラッグ中はワープしない
感度

一番上まで戻る


カーソルホームへ移動

移動機能を使用するか選択します
チェックマークを付けると機能します。
スタートメニューへ移動
移動先を指定する(ピクセル単位)
  1. 「場所指定を開始」をクリックします。
    移動開始

  2. マウスで表示したい位置まで移動しクリックします。
    (クリックで左・上それぞれの座標が入力されます)
移動するためのキー

アクティブウィンドウへ移動

マウスカーソルをアクティブウィンドウ中央に移動します。
設定が済んだら「OK」をクリックして終了します。

一番上まで戻る


6.ワープの使用をやめる

タスクバーの通知領域にあるCurNaviアイコンを右クリックしメニューから「ワープ」を選択します。
ワープOnOff

ワープ起動中はメニューの左側にチェックが付きます。
ワープを有効にする「辺」が選択できます。

7.通知領域のアイコン表示について

タスクバー通知領域のアイコンは状態によって色が変わります。
合わせてメッセージも変ります。

アイコン機能の状態メッセージ
ワープします ワープします。
カーソル移動とアクティブw*への移動は
稼動している場合、キーを表示します。
未起動の場合は、「off」と表示されます。
マウスを重ねるとステータスを表示します。
ワープしません ワープしません。
カーソル移動とアクティブw*への移動は
稼動している場合、キーを表示します。
未起動の場合は、「off」と表示されます。
何もしません 何もしません。
すべての機能は停止中です。
起動している意味もない。。。
マウスを重ねると表示されるメッセージ
*アクティブw =「アクティブウィンドウ」を略しています。(入りきらないので)

一番上まで戻る

8.終了する

タスクバーの通知領域にあるCurNaviアイコンを右クリックしメニューから「終了」を選択します。
終了

いつもはそのままで構いません

9.削除(アンインストール不要)する

プログラムを削除すればよいだけですが、できれば以下の作業をお願いします。
(バージョンアップする場合は作業不要です)
設定画面で「自動起動」を解除する
設定ファイルについて
  1. 保存場所
    "C:\ユーザー\ユーザー名\AppData\Local\LittleStationery\CurNavi_cnf.xml"
  2. 環境移行を行う場合は新しい端末の同じ場所に置いてください。

一番上まで戻る


http://littlestationery.jp