http://littlestationery.jp
http://products.littlestationery.jp
  設定 ~保存対象~

 バックアップ対象を設定します

設定 保存対象

リストの各項目

  • 行=設定されている行数
  • ファイル/フォルダ=パス

*以下各設定が行われた場合"●"を表示しています。

  • Bf=「BackTrunkFriend.ky」による認証を行う場合
  • Sf=フォルダ指定時にそのサブフォルダも対象にする場合
  • Sy=システムファイルを対象にする場合
  • Hd=隠しファイルを対象にする場合
  • Ft=フィルタ文字列を設定した場合
  • Ex=対象外ファイル・フォルダを指定した場合
  • SK=世代管理を行う場合
  • DE=削除フォルダの保存日数

 

1.保存対象にするファイル/フォルダを登録します。

  • 登録するには右クリックで「追加」からファイルかフォルダを選択してください。
  • ドラッグ&ドロップで登録する場合はバックアップしたいファイル/フォルダを右側のリストにドロップします。
  • フォルダの場合は、ダブルクリックか右クリック「内容確認・対象外登録」でバックアップ対象の詳細画面が開きます。
  • リストのファイル/フォルダ名の右側には、フォルダ登録時のステータスが表示されます。(各項以下参照)

解除する場合は、リストから選択し、右クリック→「解除」で、バックアップ対象から解除します。

 

2.追加情報(タイトルなど)を設定します。

設定 保存対象 タイトル設定

リスト画面で行を選択すると、下部に基本/オプションのタグが表示されます。

 

基本 について

タイトル
バックアップ対象のタイトルです。バックアップ先にこの名前でフォルダが作成されます。
削除分保存日数(DE)
世代管理(SK)
世代管理後ゴミ箱へ移動
  • 世代管理で指定世代を超えた場合に、直接削除せずにゴミ箱に移動します。
    注意:この機能は保存先が固定ディスクの場合に有効になります。
    (ネットワーク上やUSBメモリなどリムーバブルディスクでは有効になりません)
  • チェックを付けたときは、上部リストの世代管理数が赤文字になります。

 

3.フォルダは、オプションを設定できます。

設定 保存対象 フォルダオプション

リスト画面でフォルダを選択すると<オプション>が編集可能になります。

 

フォルダオプション について

サブフォルダを含める (Sf)
既定値=サブフォルダを含みます。このチェックを外すと、直下のファイルだけが対象になります。
システムファイルを含む (Sy)
既定値=システムファイルは含みません。
このチェックをつけるとシステムファイルもバックアップ対象になります。
その際にシステムファイルのセキュリティでアクセス権限を持っていない場合はエラーになります。
(必要な場合は対象ファイル・フォルダのプロパティでアクセス権を設定してください。)
隠し属性のファイル。フォルダを含む (Hd)
既定値=隠し属性もバックアップをします。
このチェックを外すと隠し属性のファイルはバックアップしません。
プログラムがファイル作成のために隠し属性をつけて一時ファイルを作成しますが、
そのファイルをコピーしたくない場合は外してください。
フィルタで絞り込む(Ft)
対象外ファイル(Ex)
認証実施(Bf)
  • このチェックを付けると作動時に対象の保存場所が認証されているか確認します。
  • 別ユーザーと共有する場合などにチェックを外します。

 

4.ドラッグ&ドロップ時の詳細設定を行います。

ドラッグ&ドロップの詳細設定

一覧の一番上の行は「ドラッグ&ドロップ」の設定になります。

行を選択し、世代管理/削除分保存日数 の設定が行えます。